2014年02月20日

東京五輪の影響なのか・・。

東京五輪が決まった影響は多大にあると思います。急に建て替え需要が増えてきて、周りの解体業者は忙しい状態。嬉しい悲鳴とはこういうことを指すのだなと実感しています。

苦節40年、バブル後の成人ゆえ、地道な努力を経ている物の、稼ぎは難しく、経営は常に津波が押し寄せる。それが、好循環になってきたことに生きてて良かったと思っています!

今、日本は大きな波がきています。ここをうまく波になって、拡大路線を貫ければと思います。これからも頑張っていきますので、何卒ご贔屓にお願い申し上げます。店長代理
posted by 日本を再生しよう! at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

店舗解体の費用って!?、解体に重要な積算と補助金って!?・・他

中国天安門突入炎上事件の容疑者、ウイグル族5人を拘束「テロ」断定。また国内では、みずほ銀行の暴力団への融資問題でオリコ社長が謝罪。スポーツでは日本シリーズで楽天が日本一に大手!など色々ありました・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】構造体だけそのまま残す!店舗解体の費用って!?
通常の解体は全部、潰してしまうのですが、内装解体は、ビルの中だけの解体工事を行います。例えば、事務所の一室や分譲マンションの大幅なリフォームのほかに、店舗・飲食店・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】解体に重要な積算と補助金って!?
解体工事の補助金制度があるようです!市町村によっても、条件は異なりますが、自治体の補助金を使えるのであれば、ぜひ活用したいものです。認定制度なので、必ずもらえるものではないが・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

RC造、倉庫の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《周南市》
ブロック塀、フェンスの解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《東広島市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《米子市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・木造平屋の一軒家(建坪約90坪;富良野市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai001/(富良野市・木造家屋・解体)

解体費用は、アスベストが含まれていた場合、処分費が上がるといわれ、事前に確認できないかとのこと。アスベストは昭和40年代の鉄筋コンクリート造りによく使用されているようです。今回の木造平屋のケースでは・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

所有者なき、解体工事って!?、解体工事の分離発注って!?・・他

各地で猛威を振るった台風26号に引き続き、27号が接近中とのこと。伊豆大島など台風26号の影響で地盤の緩んでいる地域では、土砂災害に細心の注意が必要ですね。・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

・【BLOG抜粋】解体工事の分離発注って!?
解体工事業者は下請けや二次受けが多く、少なからず仲介費用が入っているため、解体工事費用が2、3割高くなる傾向があります。そこで最近見直されてきた発注方式が・・等、興味深い情報が記載されています。

・【BLOG抜粋】所有者なき、解体工事って!?
所有者がない場合は、勝手に家を解体することは、法律違反になります。例え、親せきといえども事前にするべきことが・・。所有者とは、=権利者のことを指します。どこで調査することが可能なのでしょうか。・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

木造アパート、残置ゴミの解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《岩国市》
ブロック塀、カーポートの撤去・解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《福山市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《鳥取市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・木造住宅(建坪約80坪;網走市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai001/(網走市・木造家屋・解体)

80平方メートルを超える解体工事には、申請書を網走市へ提出する必要があり、約1週間後からの解体工事となります。工期は約1週間、見晴らしのよい立地でしたので、別料金はかかりません・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。