2013年07月15日

解体時の騒音対策、伐採後の生木について他

西日本中心に猛烈な雨に警戒を!近年はゲリラ豪雨など予測がつがずどこか不安を感じますね。不安と言えば中国GDP成長率が4〜6月期は7.5%に失速して・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】解体時の騒音対策?!
基礎を解体する際、利用される重機の一つとして、油圧ブレーカーがあります。この重機は、特定作業のみに使用されるため、届出が必要となります。使用時の注意点として・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】伐採後の生木どうする?
生木を切るのって、なんだか可哀想・・。それに、その後の生木を焚き火として利用するには、先に乾燥させる必要があるし・・。生木は樹木の種類によっては売れるのだろうか?・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

家屋(木造住宅)、倉庫の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《福山市》
カーポート、物置の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《周南市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《福井市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・RC造3階建(坪面積124坪;岩国市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai(岩国市・RC造・解体)

RC造りは銅材などが使われているため、構造物が強固になり、木造と比較して解体費用は高くなります。また、木造造りよりも、埃が舞うことが多いですが、散水しながら・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。