2013年07月19日

家の解体費用について、解体工事は一生に一度?他

ランドセル商戦が本格化、お盆帰省狙う!アベノミクスの影響でお爺ちゃんお婆ちゃんの財布の紐も緩むのでしょうか。一方、ガソリン価格が一気に2.5円急騰してお盆の帰省に・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】家の解体費用ってどうなってるの?
坪単価×延べ床面積が、家を取り壊す上での計算方式となっています。工事別に区分すると、本体である躯体、基礎、内装の取り壊しを柱として、以外にも廃材を運搬・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】家の解体工事の体験は、生涯で一度かも?
まず依頼する業者は、建築業者ではなく、解体業者に依頼します。次に、取り壊すだけではなく、取り壊す前の手続き、と、取り壊した後の作業(更地化)も大事です・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

鉄筋鉄骨コンクリート造り、家屋の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《防府市》
カーポート、物置の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《三原市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《高岡市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・木造2階建て(約80坪;萩市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai(萩市・木造家屋・解体)

住宅メーカーは解体の専門ではないため下請け→孫受けという風に、外注になるから解体費用が高くなると知人に聞いて・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。