2013年08月06日

忘れがちな付帯工事費!?、家屋の解体費用の出し方を探る!・・他

高校授業料無償化は所得制限、年収900万円で自公調整。また、ヘリ墜落事故でオスプレイ移動延期!?6日は近畿から東北にかけて激しい雨のおそれ。最近豪雨被害が多いので気をつけたいですね・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】忘れがちな付帯工事費!?
家屋の解体以外の工事のことを付帯工事と言います。倉庫、カーポート、ブロック塀、門扉などが主な付帯工事の種類です。また、給水取り出し工事やガス配管工事、外構工事・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】家屋の解体費用の出し方を探る!
家屋の構造によって、費用が変わる。ザックリと把握しておくことが大切です。解体工事の目安は坪単価で計算します。しかし坪単価はあくまでも参考程度に。・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

家屋(コンクリート造)、アパートの解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《尾道市》
カーポート、ブロック塀の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《岩国市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《下関市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・木造2階建て住宅(約130坪;長門市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai(長門市・木造2階建て家屋・解体)

実家から少し離れた場所の家屋の解体だったが、タンスやソファー、ベッド等の家具といった不用品が残ったままの状態。基本は、家の中の物は全て運び出し、空っぽにしておく必要が・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。