2013年08月20日

解体工事の見積もりは内訳まで!?、解体工事の騒音対策!?・・他

福知山の花火大会の事故、恐ろしいですね。早急に原因究明と再発防止を!また経済の話題ですが、7月の貿易収支 1兆240億円赤字に。円安や夏場の燃料需要の高まりを背景に、輸入額が膨らんだのが原因とか・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】解体工事の見積もりは内訳まで!?
解体での良くあるトラブルの一つが、解体工事前に出された見積りと、解体工事後の請求金額が違うというケースです。さらに悪い状況だと、見積書もないまま、口頭だけにより工事に着手してしまうと・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】解体工事の騒音対策は!?
解体時の騒音対策は必須ですが、それでも騒音はでてしまう。そうした際に、まずは地域住民への理解を促すことが重要です。騒音対策については、現場の状況によるが油圧ブレーカーの使い方が一つのポイント・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

木造アパート、残置ゴミの解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《岩国市》
ブロック塀、カーポート解体・処分の事例(取り壊し方)を掲載《呉市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《防府市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・重量鉄骨(約45坪;砂川市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai001/(砂川市・重量鉄骨家屋・解体)

重量鉄骨の解体は坪単価がどうしても高くなってしまうので、付帯工事も全てコミコミで費用を出してくれる解体業者を見つけるのがポイントに。ダイレクトに解体業者へ発注することでコストも削減・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 08:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。