2013年08月27日

解体工事費用の算出について!、一生に一度の家屋・解体は慎重に!・・他

新潟県沖など、メタンハイドレート大量埋蔵か?特殊地形確認されたようです。貴重なエネルギー資源となれば良いですね。また、ブルネイで開かれているTPP交渉にて3か国が日本に関税全廃を提案したとか・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】解体工事費用の算出について!
解体工事費用は、大体が坪単価として算出している業者が多いです。坪単価が安い順番にいくと、木造<鉄骨<鉄筋(RC)という順序となっており地域によって多少の違いがあります・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】一生に一度の家屋・解体!
家屋の取り壊しは、一生のうちでそう頻繁することはありません。ただ、一回の費用は大きくなるため、解体業者の選定に注意したいところです。解体する上での建設業者の選ぶポイントは・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

木造平屋、家屋の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《広島市》
物置、カーポートの解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《下関市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《周南市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・鉄筋コンクリート(建坪約80坪;芦別市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai001/(芦別市・鉄筋コンクリート家屋・解体)

古くなった一軒屋を売却することになり、知人から解体後に売却したほうが、利益率が高いといわれ、解体業者を探していたが業者選びのポイントは・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。