2013年07月30日

木造家屋の手工事解体、家屋解体の手順と費用・・他

今夏の熱中症搬送は2.6万人に!また、6月の完全失業率が4年8カ月ぶり3%台に改善したそうです。これはリーマン・ショックが起きた翌月以来とのこと。アベノミクスが雇用の回復に・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】木造家屋の解体は手工事がいい?
重機と手作業を考えてみればわかると思いますが、重機では微妙な力加減をきかせることができません。つまり、微妙な解体とは、梁や柱などをリフォームする場合、手解体でなければ数cm単位での解体が難しい・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】家を取り壊すときの手順と費用とは?
庭にある木や、物置小屋、塀だけではなく、取り壊す家の中にある、使っていないタンスや家電製品もゴミとして出しておかなければ、取り壊しの費用が割高に・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

木造平屋建て住宅、家屋の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《呉市》
ブロック塀、カーポートの解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《山口市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《三条市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・鉄骨2階建て家屋(約65坪;府中市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai(府中市・鉄骨造り家屋・解体)

解体する家屋は80平方メートルを超える家屋となります。そうなると、リサイクル法の関係から許可が必要になりますので、専門の解体業者に依頼・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

解体工事の積算法は?、木造家屋のアスベスト撤去・・他

消費税率8%前提とせず?!中期財政計画で安倍首相。また、消費者物価指数が14カ月ぶりにプラス圏に。話は変わって「かき氷」ブーム到来で高級品登場!これも日本経済上向きの兆しでしょうか?・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】解体工事の積算法は?
解体工事の積算で、まず覚えておくことは、解体工事はそのほとんどが人件費で計算されていくということです。例えば解体の現場から道路までが遠い場合、また道路幅が狭い場合・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】家屋解体に伴うアスベスト撤去
工場の解体費用を算出する上で、重要なポイントは、重機が敷地内に入れるかどうかです。それによって、手作業になる個所が増えることによって、納期に影響するため、解体費用にも・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

家屋(重量鉄骨)、ブロック塀の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《廿日市》
ブロック塀、物置の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《宇部市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《長岡市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・鉄骨造り3階建て(約135坪;山口市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai(山口市・鉄骨造り家屋・解体)

家屋以外にも家の外周の解体もしてほしいとのこと。解体費用の内訳を確認したうえで、山口市にある解体業者からの数社の合い見積もりを希望・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

解体工事中に浄化槽が発見?、古い工場の解体・・他

昨日は土用丑の日でしたが、ウナギに続いてマグロも消えそうとか。経団連会長、参院選与党圧勝を歓迎。日本、23日にTPP交渉会合に初参加と、今後の動きから目が離せませんね・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】解体工事中に浄化槽が発見されたら?
浄化槽は、地中埋設物といって、地面を掘り起こして取り出す必要があるため、一般の解体費用よりも、割高になります。どの程度高くなるかは一概に言えず、撤去業者の工法にも影響・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】古い工場の解体!(鉄骨ストレートぶき)
工場の解体費用を算出する上で、重要なポイントは、重機が敷地内に入れるかどうかです。それによって、手作業になる個所が増えることによって、納期に影響するため、解体費用にも・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

RC造、倉庫の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《周南市》
カーポート、ブロック塀の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《廿日市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《新潟市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・コンクリート造り(約45坪;廿日市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai(廿日市・コンクリート造り家屋・解体)

家屋から少し離れた場所(;廿日市)に車庫と物置があり、これらも含めて解体してほしいとのこと。急に家屋を解体することになったため、直ぐに工事を・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 07:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。