2013年07月19日

家の解体費用について、解体工事は一生に一度?他

ランドセル商戦が本格化、お盆帰省狙う!アベノミクスの影響でお爺ちゃんお婆ちゃんの財布の紐も緩むのでしょうか。一方、ガソリン価格が一気に2.5円急騰してお盆の帰省に・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】家の解体費用ってどうなってるの?
坪単価×延べ床面積が、家を取り壊す上での計算方式となっています。工事別に区分すると、本体である躯体、基礎、内装の取り壊しを柱として、以外にも廃材を運搬・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】家の解体工事の体験は、生涯で一度かも?
まず依頼する業者は、建築業者ではなく、解体業者に依頼します。次に、取り壊すだけではなく、取り壊す前の手続き、と、取り壊した後の作業(更地化)も大事です・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

鉄筋鉄骨コンクリート造り、家屋の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《防府市》
カーポート、物置の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《三原市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《高岡市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・木造2階建て(約80坪;萩市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai(萩市・木造家屋・解体)

住宅メーカーは解体の専門ではないため下請け→孫受けという風に、外注になるから解体費用が高くなると知人に聞いて・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

土地滅失登記について、桜の木の伐採・・他

原子力規制委、5原発10基審査。電力各社は再稼働求めたそうです。今年の猛暑で電力不足に拍車がかかりそうですが、一体どうなるのでしょうか?猛暑と言えばまた野菜の価格が高騰しそうで・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】土地滅失登記とは?
土地滅失とは、掻い摘んで説明するならば、地震や地盤沈下、洪水などで、水が引かなくなって、土地としての機能を果たさなくなったら、土地がなくなった!ということなので、その所有権も消失する・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】桜の木を自分で切る?(伐採)
生きている、生の木を切ろうとしたら、ノコギリだと、切れません。だからチェーンソーを使うということになります。また、直径20〜25cmの桜の木の重さは・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

木造平屋建て住宅、家屋の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《呉市》
ブロック塀、物置の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《宇部市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《敦賀市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・木造一軒屋(67坪;下松市)の解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai(下松市・木造家屋・解体)

解体業者へ依頼すべく、タウンページを繰りながら、探していたが、解体業者は何だか怖いイメージがあり、なかなか行動に移せずにおられたとのこと。特に女性の方は・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

解体時の騒音対策、伐採後の生木について他

西日本中心に猛烈な雨に警戒を!近年はゲリラ豪雨など予測がつがずどこか不安を感じますね。不安と言えば中国GDP成長率が4〜6月期は7.5%に失速して・・。

さて、本日の「ザ・工事マニア」さんの解体面白ピックアップです。

【BLOG抜粋】解体時の騒音対策?!
基礎を解体する際、利用される重機の一つとして、油圧ブレーカーがあります。この重機は、特定作業のみに使用されるため、届出が必要となります。使用時の注意点として・・等、興味深い情報が記載されています。

【BLOG抜粋】伐採後の生木どうする?
生木を切るのって、なんだか可哀想・・。それに、その後の生木を焚き火として利用するには、先に乾燥させる必要があるし・・。生木は樹木の種類によっては売れるのだろうか?・・これは知っておいて損はない!!

==◆解体工事の実例・こんな便利なサービスがあった!
解体の実例を下記に掲載しています。ご参考になさってください。

家屋(木造住宅)、倉庫の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《福山市》
カーポート、物置の解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載《周南市》
遺品整理、家財の回収・処分をされた事例(捨て方)を掲載《福井市》

==◆ダイレクトで行こうBLOG!【リアル実例】
個人での発注が増えています。理由は、『解体工事』は『建築工事』と違い、仕事をしている方であれば、ある程度の知識で直接依頼できるからです。下記の事例をご覧ください。

・RC造3階建(坪面積124坪;岩国市)の家屋・解体の事例
 http://blog.goo.ne.jp/kaikaitai(岩国市・RC造・解体)

RC造りは銅材などが使われているため、構造物が強固になり、木造と比較して解体費用は高くなります。また、木造造りよりも、埃が舞うことが多いですが、散水しながら・・以後はクリック!
posted by 日本を再生しよう! at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。